東京の熱絶縁工事業、フロンガス回収なら「マイテック有限会社」へ

熱絶縁工事とは

熱絶縁工事とは、建設業許可において、「工作物又は工作物の設備を熱絶縁する工事」です。

また、事業所・プラント・病院・学校・施設等を中心に、断熱材を用いて冷暖房の熱が通る管を覆うものです。

熱絶縁工事の具体的な工事例は、「冷暖房設備、冷凍冷蔵設備、動力設備又は燃料工業の設備の熱絶縁工事」などが挙げられます。

保温・保冷(防湿・結露防止・凍結防止効果を含む)・耐火(耐熱)・防音を主な目的として熱絶縁工事は施工されます。

熱エネルギーを効率的に無駄なく利用するために、ビルやマンションの冷暖房設備や給排水 設備、工場や発電所などの機械や配管類に対し、目的に合わせた保温・保冷工事の ことを“熱絶縁工事”と言います。

また、温度を一定に保つためには、空気や水を冷やしたり、熱したりするための『熱エネルギー』を 常に加える必要があります。 工事を行うことで熱の損傷が少なくなるため、空調設備を効率よく利用することが可能です。 また、結露防止(防露)にも大きな効果があり、施工全体の50パーセント以上が防露目的で行われています。

熱絶縁工事のメリット

熱絶縁工事(保温・保冷工事)のメリット
温度を一定に保つためには、空気や水を冷やしたり、熱したりするための『熱エネルギー』を常に加える必要があります。そこに熱絶縁(保温・保冷)工事をすることによって、より熱エネルギーの損失を少なくすることができます。この損失を少なくすることによって省エネになり、二酸化炭素排出の削減につながります。球温暖化対策に不可欠で地球環境保全に重要な役割を担っています。

主な取引先 (50音順・敬称略)

・株式会社朝日工業社

・近代住機株式会社

・三栄設備工業株式会社

・セイコー産業東京株式会社

・ダイダン株式会社

・日比谷総合設備株式会社