東京の熱絶縁工事業、フロンガス回収なら「マイテック有限会社」へ

フロンガスの回収は法律で義務付けられています。

フロンガスは大気に流れ出ると、やがてオゾン層を破壊してしまいます。
オゾン層の破壊や地球温暖化を招くフロン類を大気中にみだりに放出することを禁止するとともに、フロン類を使用している機器の廃棄時における適正な 回収及び破壊処理の実施等を義務付けた「特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律(フロン回収・破壊法)」が平成13年6月に制 定されました。
また平成19年10月1日より 、改正フロン回収・破壊法が施行され、申請や回収・破棄についてより明確・詳細に規定されています。

回収・破壊は都道府県知事の登録を受けたフロン回収業者にご依頼ください。

フロンガスの回収・破壊は、都道府県知事の登録を受けたフロン回収業者にフロン類を引き渡すことが、これも法律で義務付けられています。

また、回収事業を行うには【冷媒回収者技術者】という資格が必要となります。

もちろん弊社の回収者は【冷媒回収者技術者】を取得しています。


回収後の処理方法

 

ロータリーキルン法 

焼却炉のロータリーキルン(円筒回転炉)を用いた破壊処理方法です。
円筒回転炉に注入されたフロンを高温焼却処理し、高温ガスの急冷と湿式除塵でダイオキシンを発生させない方法です。CFC・HCFC・HFC全てのフロンの処理が可能で、フロンの形状がガス状・液状及び共沸混合物にも対応します。

セメントキルン法

セメント製造設備のロータリーキルンのことをセメントキルンとよび、これを用いた破壊処理方法です。

既存の焼却炉利用

ロータリーキルン以外の既存の廃棄物焼却炉等を用いる方法として、都市ごみ直接溶融炉や固定床二段階焼却炉を用いる方法もあります。
当社では、新しい回収方法の開発や、コスト削減など、新しい視野を持ち柔軟な姿勢で、常に前進する努力を続けております。